Hide Tanaka Biography

田中秀彦 1956年 6月28日 東京都出身 

17才でベースに目覚め、池田芳夫氏のもとでプライベート・レッスンを受け始める。

81年、ジャズ・ビックバンド ブルーコーツに入団。数々のテレビ録画、生放送、ステージをこなす。 と同時に、新宿のピットイン、六本木ボデイー&ソウル、銀座・六本木サテン・ドール、などに出演し、実践を磨く。

82年、本場ニューヨークのジャズシーンへの憧れ、挑戦、さまざまな思いを胸に渡米。 マンハッタン、チェルシー地区のアパートメントに移り住む。

ニューヨーク生活をスタートさせて間もなく、朝1時ごろのタイムズ・スクェアで、 見知らぬアメリカ人にいきなり引きずり回されシャッターに叩きつけられ目の上を3針縫うという不幸に襲われつつも、 ニューヨークにとどまる。生活のため、まったく不向きなバスボーイのアルバイトを始めるが、 1ケ月ほどたったころ手が震えだしやめる。

アルバイトを止め、ストリートミュージシャンなどをやりながら、音楽に集中する生活を選択するも、生活は貧困。 生活費を切り詰めるために、リビング・ルームとキッチンしかないアパートに、男3人で暮らすなどしながら、 練習と実践に余念のない日々が続く。

一方、渡米後2年ほどして、バリー・ハリスのジャス・カルチャル・シアターで、ハウスベーシストとして演奏するチャンスに恵まれる。 と同時に、アングリー・スクワイヤーやウェスト・エンド・カフェなどに出演。ウォルター・ビショップJr、アル・コーン,  セシル・ペイン、ハンク・モブレー、ベニー・パウェル、ジャッキー・バイヤード、そして伝説のCシャープなどと共演を重ねる。

91年、渡米9年目にして、とうとう、グリーンカードを抽選によって取得。この時、アメリカ大使館でのインタビューで、ウッドベースを持ち込み、職員とセッションとなった話は、ジャズ・ミュージシャンの間で伝説ともなっている。

05年には、ミッドタウンのCafe St. Bartsで行われている”Jazz At Noon”にゲスト出演していたジュニア・マンスと初共演。その後ジャズの老舗「ニッカーボッカー」を皮切りに彼のレギュラー・べーシストとして数々のジャズ・フェスティバル、アメリカ、ヨーローパ,日本ツアーに参加、現在に至る。

2011年より、若干25歳、新進気鋭のジャズピアニスト兼歌手、チャンピアン・フルトンのレギュラー・ベーシストにも起用され、ロチェスター、リッチフィールド、デトロイトなど数々のジャズ・フェスティバル、コンサートに参加。2012年、彼女初のアメリカ南部ツアー(ワシントンDC,メンフィス、ニュー・オーリンズetc)に参加。


[Member of Associated Musicians of Greater New York Local 802 AFM No.T03401 ニューヨーク音楽家協会会員]